日日是好日〜我が家の乗り物たちの日記

嫁に感謝しつつ、ハンドル付き乗り物大好き筆者が(バイク2台クルマ1台)の計8輪生活を綴ります

500C:FIAT PANDAに試乗してみました

Category: 500C  
PANDADSC_0076_convert_20170517221628.jpg
お?
クルマの乗り換えなんて、これまで全然まったく頭になかったのですが、
近い将来起こりそうな事を考え出したら、唐突ですが一旦まとめてみたくなりました。

何が起こりそう?
●ペーパードライバーの奥様がとうとう始動するかも
  仕事の関係で送迎とか出来たらなぁ…とか、家族の看護とか将来あるかも…
●5人乗れるクルマがいいなぁ
●ついでなら積載量もアップして、キャンプとか資材とかドカドカ積めると便利だな
●500Cもどんどん下取り価格は下降していくよね

●5人にこだわる
4名を迎えに行きたいと思うと、軽自動車を選べないという事なんです。
(4人乗車でよければ軽自動車が視野に入るのですけど)

●やっぱり500Cのサイズ感は素敵&使いやすいので、大きさはこのまま
500Cの大きさって本当に乗りやすい。 細い路地のすれ違い スーパーなどの駐車枠への入れ易さ
そうするとヴィッツやフィットより少し小さい「Aセグメント」のクルマになります。
5人乗りで私が探せたのは、パンダとイグニスでした。

●よし、じゃあ FIAT PANDAを見に行こう!
急な提案に戸惑う奥様を連れてお世話になっているディーラーさんに。
ちょうどPANDAさん居ますね。

〜ここからはあるFIAT 500C乗りから見たPANDAさんの感想です〜

500と基本の車台は共通 その中に5人を座らせるという欲張りレイアウトなので、側面も立ち気味です。
でもその制約を逆手にとった小さくて可愛らしい箱です。特に斜め後ろから見た「箱感」が好きかな。
四角と丸でいうと、他にも古くはルノー4、カングーとかキューブなど
スクウェアだけど魅力的なスタイリングのクルマが多いですね。

まずは後席に着席。やはり後席3人は常に肩が触れ合う感じ。
駅から家まで、家から地元の町の観光へは大丈夫。でも長時間はストレスが溜まるかも。
ただ500と違い、後席のすわり心地は劇的にいいです。
後席座面は肉厚だし、シートバックもちゃんと肉があり、弾力性クッション性がある。
ゆえに座るのはとても快適でした。

後席ドアの乗降性も良好 
小さいドアなので狭いところでも重宝。
後席ウィンドーはくるくるだけど小さいドアゆえの可愛らしさで許せます。
リアゲート 5人乗車だと荷室はミニマム トノカバーがあるのは良い(小さいけど隠しているよ感)
開閉は軽い 気持ちよい四角の開口部
500Cでは入れられなかったキャンプ道具 スーツケースがすんなり入りそう。

運転席 ジャージのシート生地 私はモダンと感じ気に入るが奥様は安っぽい印象
肉厚な前席シートは500Cもなかなか良いので違いは大きくない。
500Cより少し着座位置は高い 天井高も少し高いかな モノの収納性は500よりすこし増え 使えそう(入れられる)
ドリンクホルダーはなぜか左右で大きさが違う。左は缶専用かな。
500Cより左右シートの間隔は少し広がったかな 。
窓多く広いので明るい 。(500Cは後ろの窓小さいです)

●試乗してみた!
さてさてツインエアに乗ったのは、500Cを買おうとした時に試乗して以来2度目です。
でもバイクのような2気筒感は薄めでした。 
500ツインエアはポロポロポロポロ〜だったような気がするが、パンダはもっと重厚でかつ遠くのほうでディズディズ、って感じ
振動の感じは正直500のほうが可愛かったと思う。パンダはちょっと重め。

そのちょっと重めの振動も少し回転が上がるときれいに消え、すぐ過給なのかスーーっと伸び上がる。
AUTOはやはりつんのめる感は残ってる。マニュアル操作が良い感じ。
1.2に比べると下からトルクがあり、かつ伸びが良い。トルク玉をいつも転がしてる感じ。
反面4気筒の抜けのよさから来る高揚感はない。
独特の「トルク玉」感をどう思うか、だなあ。

屋根が鉄でクローズドボディなので、500Cより静かです。
ダッシュボードからの景色、2眼メーターって素朴。
タコメーターなんてこれしか情報量なかったのですね…。(スペースがもったいないって思ってしまいました汗)
500に馴れちゃってるんだなぁ。

結論
乗ってみると印象が3つ。
「500から何の緊張感もなしにスッと乗り換えられる気軽なクルマ」という印象。
「500のような特別(特殊?)なクルマではない」という印象。
そして「ほんの少しだけランクダウンする」印象。 (自分の500Cはラウンジ仕様なのです…)
この後ろの2つがちょっと引っかかる。

自分が求める5人乗りやサイズ等のSPECにはばっちりミートしている、合理。
でも「(ハンコをつかざるを得ない)何か」がないような。
実用的・合理的だから乗り換えるんだよ、自分が求めるSPECにエモーションは不要な要素、と分かってはいるのですが。
500は欲しいと思っていた車だっただけに、環境変化で買わざるを得ないクルマ(と思い込んでる)って難しいなぁ。

ここで、「そんなにすぐにクルマ運転しなくてもいいよ」と奥様。
UBERなどのライドシェアや遠い将来には自動運転とか、もしかしたら運転しなくても大丈夫な世界が来るかも、と。
ん〜、高齢社会だからね、移動については研究が進むかもね。

ともかくFIAT PANDA 実車を見て乗って感じることが出来た事は非常に良かったです。
スポンサーサイト
テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

レンタルツーリング:NMAX 125

Category: 乗り物話  

出掛けた先の移動手段としてレンタルバイクを借りました。
ヤマハの125ccスクーター NMAX です。
発売されてから1年近くですが、実は実車をマジマジ見るのは初めてでした。

第一印象は「意外と立派、PCXより大きく感じるね」でした。(PCXもあまり近くで見た事はないのですが…)
でも幅は細いので、結果大きすぎず小さすぎず、取り回しに苦労はありませんでした。

DSC09726_convert_20170507152848.jpg
ちょっとマジェスティの面影を感じますね。もうスクーター、125ccにもABS装着の時代かぁ。
立派なタイア&ホイールですが伊達ではありません。峠道(2人乗り)でも大変良く走りました。
サスペンションはとても硬めです。SUPERDUKEより硬いかも。もっと距離が進めばアタリが出るのかな?
良い舗装路面では乗り易いですが、がたぼこはガタボコとしてそのまま伝わってきました。

DSC09729_convert_20170507152908.jpg
今回のパッセンジャーシート、奥様はお尻が痛くなってダメ、だそうです。
シルバーのところがスネの内側に当たる。

DSC09730_convert_20170507152928.jpg
出だしは安全のため非常にもっさりしてますが、50-60くらいは快適です。
瞬間燃費インジケーターが右端にあります。実際燃費も大変良かったです。(2人乗り山道50%で35km/lくらい)

DSC09731_convert_20170507152939.jpg
メットインはジェット2個は厳しい。フックもないので2個目は放し飼いです。(治安の良いところで助かりました)

率直な事を言うと第一印象がとても良かったので、ちょっと高級な乗車感覚を期待していました。
でもコトコトと絶えず伝わってくる(空冷の様な)エンジンの鼓動や音、道路の凸凹などをうまくいなすには、
もう少しお金出さないと難しいのかな。

移動する事についての欲は尽きる事がありませんね。
ともかく貴重な体験でした。お世話になりました。ちゃんと運んでくれてありがとう。
テーマ : バイクのある生活    ジャンル : 車・バイク

Superduke R :もてぎ練習2 届かず

Category: 990 SuperDuke R  

朝準備が一通り終えると車両観察タイム。手前味噌ながらやっぱりDUKEさんは面白い形をしてます。
Superの書体って全くスーパーな感じがしないけど、そこが良い。
この細い線が妙味です。

DSC09551_convert_20170419214611.jpg
さて、またまたまたまた日が開いてしまいましたが、練習です。
路面温度も10時で30℃。もう不安には感じない温度です。いよいよですね。
平日でまだ4月だし、降水確率もそこそこあったので空いてるかな、と思ったら20台くらい。(多い)
皆さん思っていることは同じでしたね。だって走るにはすごく気持ちいい日だったもの。

DSC09548_convert_20170419214542.jpg
今回はリアタイアが新。PowerCup EVOです。
じわじわと上げていきますが、下ろしたてが一番性能良いように思うのでそのまま本気モードへ。
でもタイアより先に自分が20分でダウン(#^.^#)
なかなか綺麗にシワシワに出来ません。
冷間150、私の腕では何をしても大丈夫でした。

DSC09554_convert_20170419214636.jpg
あとアルパインスターのグローブも初舞台でしたが、こちらは痛さもなく、最初からとても快適。
握り易くスロットルを開けやすくなったのかバックストレートのスピードが上がりましたYO(喜)

と、良い条件は揃ったもののベストには届かず。もうちょっとブレーキなんだろうな。
冬の間は怖いので、1枚目の看板でブレーキをシューっと入れていたのです。
でも良かった頃はもうちょっとビャ〜〜ッ!と短期集中で入力してキュイン、だったような気がする。

まぁ、タイムは体重測定のようなものと思っていますから、ベスト体重ではなくても、もう一喜一憂はしないお年頃です。

閑話休題:
圏央道茨城区間が開通したので試しに通ってみました。
1車線区間が多く、たまたま前に60-70kmで走る大型車がいて後ろが数珠繋ぎ。そういう時は精神的に辛い。
(70km制限なのでちっともその車は悪くないのです)
時間的にはもてぎ到着まで東北道経由とほぼ同じでした。
常磐道経由の方は距離が20キロほど長く、使うインターも出発地から遠い方向なので数百円高いです。
実家に帰る時は使うかも知れませんが、もてぎへは積極的には使わないかな。
ただ、モトGPからの帰り道等で複数選択肢ができたので有り難いです。
また、筑波サーキットの近くを通っているんですよね。これはどうなの?お告げなの?
テーマ : バイクのある生活    ジャンル : 車・バイク

SL230:65,000km プラグ交換ハンカバ外し

Category: SL230  

エイミーアダムス好きが高じて、ついつい「魔法にかけられて」をまた観てしまい、作業開始が夕方…。
それでも5000kmごとに行なっているプラグ交換を実施しました。
いつもの標準プラグです。DPR8EA-9。

DSC09531_convert_20170409185248.jpg
前回の交換時はススで真っ黒だったので、今回も同じようなら何か対策しなければと思いました。
ところが洗浄作用なのか、普通でほっとしてます。
電極はすり減っているのか短くなってますね。
ODO:65087km

DSC09533_convert_20170409185300.jpg
さて、暖かくなりハンドルカバー+冬グローブだと汗ばむことが多くなりましたので外しました。
カバー無しで走ると発汗が減ったので、冬グローブはもう少し使い続ける事になると思います。
テーマ : バイクのある生活    ジャンル : 車・バイク

500C:スタッドレスから夏タイアへ

Category: 500C  

ODO:31006km
今年スタッドレスは新品だったのですが、まったく距離が伸びませんでした(´・_・`)
スノーモトを売却したのが影響したのか、冬山への興味が下がってしまったのが主な原因です。
毎年一回は雪国旅行したのですが、今年は能登/富山行で満足してしまったみたい。
奥様はスノースポーツはからっきしだし、このまま行かなくなってしまうのかしら?

さてさて、半年ぶりの夏タイアFLEVAです。
交換したてが一番違いが分かります。(スタッドレスとのですけどね)
ゴムまりのような弾性感を感じました。
落ち着かないとかではなく、タイア自体のたわみが分かりやすい気がします。

以前の組み合わせ、夏コンチネンタルプレミアムコンタクト:冬アイスガードiG30だと、
夏タイアに履き替えた途端「重っ!」って感じたのですが、今回は操舵感はそれほど違いなし。
スタッドレスのグリップ感が良くなったのか、夏タイアが軽くなったのか。
今年もよろしく支えてくださいな。
テーマ : 日記    ジャンル : 車・バイク

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

kamuro619

Author:kamuro619
タイムが出なくても、転んで怪我しても、明日はまた真っ新な一日が来てくれるさ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR